名称未設定2.bmp

​ガス臭い・警報器が鳴ったとき

%25E3%2582%25A2%25E3%2582%25A4%25E3%2582

ガス臭いとき

ガス臭いと感じたら、以下の対処をお願いします。

ガス臭…玉ねぎの腐ったようなにおい

​火気を使用しない

静電気も着火源となりますので、換気扇、電灯などのスイッチにも絶対手を触れないでください。

電気のスイッチを切る時にも火花が出ることがあります。

​換気をする

ドアや窓を開けて換気してください。

※LPガス(プロパンガス)は空気より重いため、低いところに溜まったガスにもご注意ください。

換気扇は絶対に回さないでください。回っている場合はスイッチを触らずに、そのままにしてください。

※屋外の場合は、窓を閉めガスが屋内に入らないようにしてください。

​ガス栓を閉める

ガスの元栓を閉めてください。

屋外に設置されている容器のバルブも閉めてください。

連絡をする​

すぐに当社へご連絡いだだき、状況に応じて、屋外に避難してください。

当社の安全確認が済むまではガスを使用しないでください。

%25E3%2582%25A2%25E3%2582%25A4%25E3%2582

ガス漏れ警報器が鳴ったら

いざというときは、あわてずに安全を確保してから連絡をください。

警報器は、ガス濃度が爆破限界濃度の1/100に達した時点で鳴り出すように設定されています。

警報器には交換期限が設けられていますので警報器に貼ってある「交換期限表示ラベル」を確かめてください。交換期限が近づいたら、当社にご連絡いただき必ず取り替えてください。

絶対にコンセントには触らないで下さい

※殺虫剤等によるガス漏れ警報器の誤作動について

夏場になると、殺虫剤等を噴霧した際、警報器が反応して警報を発することがあります。殺虫剤等の噴霧が、警報器にかからないようご注意ください。

もし明らかに殺虫剤によるものと判断された場合は、電源を抜けば警報は止まりますが、必ず再度電源を入れるのを忘れないようご注意下さい。