名称未設定2.bmp

災害が発生したら

%25E3%2582%25A2%25E3%2582%25A4%25E3%2582

地震が起きたとき

まず、ご自分の安全を確保してください。

ガスの使用中はすぐに火を止めます。揺れが収まったらガス栓を全て閉め、ガス臭がしないかご確認ください。​異常がなく、安全が確認できましたらガス栓を元に戻してください。

異常がある場合は、すぐに当社までお問合せください。

ガスメーター(マイコンメーター)は安全のために遮断することがあります。詳しくは「ガスが出ないときは」をご覧ください。

揺れが大きかった場合は、二次災害防止のため戸外の容器バルブも閉めておいてください。当社社員が順次点検を行います。

地震が発生すると、ガスメーターは地震の揺れを感知して自動的にガスを止めるようにできていますが、日頃からの備えとして、次のようなことにも気を配っておくと安心です。

ガス臭…玉ねぎの腐ったようなにおい

​ガス栓の閉め方を覚えておく

ガス栓、メーターガス栓、容器バルブ等の閉め方を覚え、練習しておきましょう。

メーターガス栓など、家の外に設置されているものは、その場所を確認しておくことも必要です。

​ガス器具まわりにものを置かない

ガスコンロやガス器具などのまわりに、日頃から燃えやすいものを置いておかないように心掛けましょう。

火を使っていないときほど、置かないくせをつけることが大切です。

​火災警報器・消火器の設置と点検を

普段の備えとして火災報知器を設置しておき、定期的な点検を受けてください。

消火器は5年が交換目安だと言われています。

%25E3%2582%25A2%25E3%2582%25A4%25E3%2582

火災が起きたとき

容器バルブを閉め、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処理を頼んでください。

​当社にもご連絡ください。

%25E3%2582%25A2%25E3%2582%25A4%25E3%2582

洪水が起こる前に

容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されたりしないか、しっかりと固定されているかを確かめてください。